トップイメージ

北斗の拳・ラオウ

世紀末覇者拳王を名乗り、拳王軍を率いて、核戦争後の荒廃した世界を恐怖と暴力で制圧した暴君。北斗神拳四兄弟の長兄にしてトキ、サヤカの実兄、ジャギ、ケンシロウの義兄であり、カイオウの実弟。忘れ形見にリュウがいる。愛馬は黒王号。
自ら片足を切断して差し出したファルコの願いを聞き入れて軍を転進させるなど、自分が勝てるであろう状況でも強い意志を持った人間に対しては敬意を払い受け入れる器量も持っている。また、バランに目をかけたりシャチを可愛がったりするなど、意志が強く見所のある少年にも好意を示している。
ラオウは余り余る才能から北斗神拳の伝承者に選ばれずそのまま悪の道に進んでいます。ラオウは北斗神拳の伝承者に選ばれていませんが、ラオウは北斗神拳を扱うことも出来、更にその鍛え上げられた肉体から繰り出される剛拳はありとあらゆるものを破壊しつくします。
トキ・ケンシロウ以上に拳に優れた人物だったが、幼い頃から「最強の男となり、全てをこの手に握る」という野望を抱いてた。「覇道に愛や情は不要」という思想を持ち、愛を理解しようとしなかった。
物語中盤まで、その存在は圧倒的な力を振るう多くの人々にとって「恐怖」の代名詞だったが、彼もまたケンシロウ同様、ジュウザやフドウ・そして弟トキとの死闘を通して哀しみを知る拳士として成長していく。そして、死病に冒されたユリアの宿命を知ったために彼女を殺せなくなり、涙を流しながら仮死状態にし(同時に秘孔による延命処置を施した)、それによって哀しみに目覚め、ケンシロウと同じく北斗神拳究極奥義・無想転生を体得する。
これにはリハクも「ラオウもまた北斗神拳伝承者としての資格を持っていた」と言葉に出したほど。
自ら天へと帰る時の辞世の句である「我が生涯に一片の悔いなし!」の台詞とそのシーンは少年漫画を代表する名シーン・名台詞として有名でしょう。