Plus One ブログ

Blog

2020年7月22日

情熱。


こんばんは、ラーメンを愛してやまない根木です。
もちろんネギのせですよね?根木だけに、、、。


はいっっ!さぁ、明日から四連休ですね。
しかし週末まで、まだまだ梅雨明けの気配はなさそうですし
コロナ禍も収まる気配がありません。
私は、大人しく自粛します。

皆さまも、この連休をどうぞごゆっくりとお過ごしくださいませ。


では、昨日のつづきです。

神様は、こんな私の前にも降りてきてくださいました。
どうやら、まわりまわって関係者の方々に
助けをいただき、気が付けば約20年ぶりくらいに
国際線の飛行機に乗っておりました。

キャラタバ

それからの私たちは幾度もインドネシアへ赴き
ジャカルタ、バンドン、チルボン、クドゥス、
スマラン、スラバヤ、バリと、宝探しのように
理想の味を求めて探しまわりましたね。
そのときの心境は完全に

「たばこ王に!!俺はなる!!」でしたね。
(はずかしい、、、。)

もしこのブログを業者の方にも
読んでいただいているようでしたら、
「全然おもしろくない、バカじゃねぇの、、、。」
って、ツッコミが入りそうですが。


とまあ、そんなこんなで言語や文化のちがいにより、
わずかなニュアンスのちがいを伝えることすら、
こんなに難しいものかと。
当然、たばこの価値観のちがいもありましたね。

しかし、ほとんどの方が本当に真面目で
たばこに対する情熱に圧倒されましたし
日本の古き良き時代の職人肌の方がたくさんいました。

なぜ、こんなに感動したのかを
私なりに分析してみました。

日本ではモノ作りに関して、情熱を持っておられる方が
多数いらっしゃいますよね。しかし、たばこに関しては
どうでしょう?

普段の生活の中で一般の方が、たばこ業界の方と
接する機会は、あまりありませんよね。
そういったこともあり、たばこに対する情熱と
いうものを新鮮に感じましたし、改めて貴重な
歴史や情熱を絶やすことのないよう進めたいと思っております。
ただ、たばこに関しては様々な課題が存在するのも
事実です。それを一つ一つ解決していくことで
たばこ王に近づけるのかなと、、、。
( 、、、。)


話が脱線し、少し長くなりましたので
その情熱については、また後日お話させていただきます。
では、今日はこの辺で。
今からネギラーメンを食べに行ってきます。

キャラタバ

お時間をいただきまして、ありがとうございます。

ではでは。

キャラタバ

20歳未満の者の喫煙は、法律で禁じられています。喫煙は、動脈硬化や血栓形成傾向を強め、あなたが心筋梗塞など虚血性心疾患や脳卒中になる危険性を高めます。