Plus One ブログ

Blog

2020年7月28日

雑談

喫んでも喫まれるな。


こんばんは、シャグ(手巻きたばこ)もシーシャ(水たばこ)も電子たばこも嗜む無類のたばこ好きの根木です。

そんな根木ですが、以前に約9年間禁煙してた時期がありました。

禁煙する!!って決めてから、一度も失敗することもなく
1日1箱の喫煙生活をピタッと止め、9年の歳月が経ちました。

その9年の歳月で再喫煙する環境や誘惑といえるものは、
いくらでもありましたが再び喫煙する程には至りませんでした。
真横でいくらプカプカと煙たくされても、まったく気にも
なりませんでしたし、たばこを吸っていた過去のことすら
忘れてしまうほどでした。しかし、そんな私が再び喫煙生活に
戻ることになったのには理由があります。


それは、あるたばこ製造工場にて。

工場内を見学させていただいたときのことです。
その流れで製造したての、
言わば、できたてホヤホヤの
たばこを目にする機会がありました。
すると工場責任者から

「吸ってみるかい?」と。

これは、またとない経験ですよね。

当然、未成年もいませんし私以外喫煙者である
同行メンバーは次々と試喫させてもらっておりました。

私は非喫煙者ですので端の方で、
箱のサンプルを眺めて待ちます。

そこで突然、奥の方から
同行メンバーより


「おいっ、根木!!」

             「はいっ!!」

「吸ってみろ、美味しいぞ」

             「・・・、っはい?」
             (んんん、聞き間違えかな)
             「あっ、美味しいんですねぇ、
                よかったですねぇ・・・。」
             (満面の笑みで)

「うん、吸ってみろ美味いぞ」

             「ほぇ、しょ、そうですねぇ」
             (びっくりして、舌がまわってない)


そうして、工場の方たちの集中する目線と
ご好意を無駄にはさせまいとする
変な正義感?が勝ってしまい再喫煙生活に戻りました。

             「スーーーーー・・・」
             「っっっ!!!!」
             (キツっ!!咳きこんでしまう!!
              しかし、むせては失礼になる!!
              ここは我慢だ!!根木!!)

             「美味しいですねぇ・・・。」
             (満面の笑みで)

キャラタバ

「美味しいだろ?」

             「は、はい・・・。」
             (あぁ、意識が遠のいてしまう・・・。)

 
久々のニコチンで足元がフラフラになり、
目の前がグルグル回りました。
それもそのはず、あとで知りましたが
ニコチン濃度が異様に高く、
日本で置いてるような代物ではなかったそうです。

キャラタバ

完全に酔っぱらいの千鳥足で、
トイレにGOでしたね。
そこからは、ご想像にお任せします。


とまぁ、私の禁煙解禁は特殊な形となりましたが、
決して誘惑に負けたわけではありませんからね!


そんなこんなで、今では誰よりも
たばこを銜えてるんではないしょうか。

喫煙やたばこについて、後世に正しく残せるように
適度に楽しみたいと思っている今日この頃です。

では、今日はこの辺で
お時間をいただきまして、ありがとうございます。

ではでは。

キャラタバ

20歳未満の者の喫煙は、法律で禁じられています。喫煙は、あなたが肺気腫など慢性閉塞性肺疾患(COPD)になり、呼吸困難となる危険性を高めます。